機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
第二次ネオ・ジオン戦争から12年後のU.C.(宇宙世紀)0105。地球連邦政府は腐敗を極め、自らの縁戚や関係者など“地球に住んでいい人間”を選別し、大地の汚染も加速させていた。そんな地球連邦政府への反発を「政府高官の暗殺」という形で示す反地球連邦政府運動「マフティー」。そのリーダーに、一年戦争を経験したブライト・ノアの息子であるハサウェイが極秘裏に就任した。不朽の名作「機動戦士ガンダム」より連綿と紡がれる物語を、「ベルトーチカ・チルドレン」のコミカライズも手掛けたさびしうろあき氏が描き出す。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする