惑わない星

惑わない星
石川雅之
私達が子供たち、またその子供たちに残したのは、七色の空と灰色の嵐でした。空は曜日によって七色に変化し、街中に愛と希望と萌えがあふれる「内側」の世界。主人公S沢はそこから職場に向かう。灰色の嵐が吹き荒れ、防御服がないと大地を踏むことすらできぬ「外側」の世界へ——。『もやしもん』でミクロの世界を活写した石川雅之の、衝撃的ブランニューワールド!!
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする