テル・セル

テル・セル
遊行寺たま
英国ではヴィクトリア朝が華やいでいる頃の、タルニナ=ウラニボルク王国。ここにある伝統ある王立学院。貴族も庶民も天文の知識を身につけることで出世が開ける特殊な学院に、一人の転校生が現れた。本名さえも明かさない彼の目的とは――?
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする