虫籠のカガステル

虫籠のカガステル
橋本花鳥


人が巨大な虫になる奇病[カガステル]が発症。
虫(カガステル)は理性を失い、人を襲い、繁殖し続ける。
人類が虫(カガステル)の“駆除”を認めたのは人口の三分二が食い殺された後だった――
“駆除屋”として生きる少年・キドウは、
“虫籠”で死にかけた男を発見。男は娘を託し息を引き取る。
残された娘・イリは、父が死んだ哀しみでその場を動こうとしない。
キドウはそんな少女の頬を叩き、言い放つ。
「生きる気がないならここで死ね」それが二人の出会い。

この漫画をGANMA!(2/9連載開始)で読む

関連商品をAmazonで見る

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする