璋子様のお気に召すまま

璋子様のお気に召すまま
碓井ツカサ
時は大正――舞台は東京、とある華族家の末娘・璋子(たまこ)が訳あって住まわされている邸宅があった。璋子のライフワークは、お世話係の宇於崎(うおざき)に無理難題を吹っかけて困らせること。本の中の世界しか知らない璋子の好奇心を満たすため、今日も宇於崎は奔走する。 ◆作者コメント 本能と性癖で突っ走っている漫画を載せてもらえて本当にいいのかと思っています。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする