愛の隠し味

愛の隠し味
毛啾(もうじゅう)
幼いころから贅沢な暮らしをしてきた殿下”趙風畔”は、舌が肥え並大抵の料理では満足ができなくなり、不満を抱いていた。
そんな殿下をどうにか満足させなければと、使用人の潘執事は街で美味しい料理を作ることで有名な少女”成碧鳶”を王府へスカウトする。
「我儘な殿下の元で料理を作るなんて絶対に嫌だ」と少女は伝え断るが、一度きりだと念を押され料理を振る舞うことに…。
しかし、料理中に思いがけず高級皿を割ってしまったことをきっかけに、今後も料理を作らなくてはならなくなってしまい!?”
がけず高級皿を割ってしまったことをきっかけに、今後も料理を作らなくてはならなくなってしまい!?
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする