閻羅~地獄の君主に転生した下級武士~

閻羅~地獄の君主に転生した下級武士~
夜雪綠
“俺は、天魔三隊の中でも下っ端の武士だ。でも別に目立ちたくもない。俺はただ平凡に生きたかった。俺が所属する予備隊というのは、元々のんびりしながら先任者が休みなどで不在のときに適当に穴埋めするだけの簡単な職務だ。六時辰(12時間)働くと、十二時辰(24時間)休ませてくれて、給料もどの組織よりもよい。 退勤後は近くの集魔村で汾酒一杯と鶏肉にかぶりつき、後は一日中家でゴロゴロするのが最高の幸せだった。しかし….”魔教が正派により滅亡した日、末端武士の李君岳(イグンアク)に驚くべきことが起こる。“俺は細く長く、長生きしたかったんだ…。これは俺が求めていた人生じゃない――。”平凡な末端武士から”閻羅”と呼ばれる天下第一者になるまでの孤軍奮闘が今ここに始まる――。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする