浪仙奇幻談

浪仙奇幻談
KIM SoonTae, Nangsun
風のように、雲のように暮らす神仙を私たちは浪仙と呼ぶ。 ひょんなことから主人公は読んでいた小説のなかの虎・山君に憑依した。 虎の体で霊物として羽化登仙(うかとうせん)していく、つまり神仙になることを決意。 白山の山君として悠々自適な生活をしていたとき、人間からの生贄として初亜という少女を捧げられる。 彼女を追い出そうとするが、彼女には行き場がない。 結局少女をそばに置いておく決心した山君だったが、そんな彼に幾多の脅威が迫ってくる・・・
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする