テル・セル

テル・セル
遊行寺たま
19世紀ヨーロッパ。タルニナ=ウラニボルク王立高等学院に給費生として編入したアステルは、ある目的のために学院の内部を探っていた。クラスメイトとの交流に積極的ではないアステルだったが、ある日、好奇心旺盛なクラスメイトのバウに学校の噂話の検証を持ちかけられる。彼は目的達成の隠れ蓑としてその話を受けることを決める。アステルの目的の裏にある、彼の壮絶な過去とは…? 遊行寺たまが紡ぐ、ファンタジックアストリノミー!!
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする