雑用付与術師が自分の最強に気付くまで

雑用付与術師が自分の最強に気付くまで
漫画: 原作: キャラクター原案:
付与術師としてサポートと雑用に徹するヴィム=シュトラウス。しかし階層主を倒してしまい、プライドを傷つけられたリーダーによってパーティーから追放されてしまう。途方に暮れるヴィムだったが、幼馴染(兼ヴィムのストーカー)のハイデマリーによって見出され、最大手パーティー「夜蜻蛉」の勧誘を受けることになる。「奇跡みたいなものだし……へへへ」本人は自身の功績を偶然と言い張るが、周囲がその実力に気づくのは時間の問題だった。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする