カタワレオレンジ

カタワレオレンジ
内野タカラ・彩
「きもちいい…」それは私にとってただ苦痛な行為だったはずなのに…感じてしまう。結婚を3日後に控えた清(サヤ)は、婚約者の浮気現場に居合わせてしまう。「お前はケッペキの不感症だから――」辛辣な言葉を浴びせられ、更に婚約は解消。傷ついたサヤは新しい自分に生まれ変わる為、単身沖縄へと向かう。ところが参加したダイビングスクールで、サヤは運命の人に出会い…「この旅行中だけでいい。俺の彼女になってほしい」不感症OLと恋を知らない御曹司の切ないラブストーリー。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする