そして、バトンは渡された

そして、バトンは渡された
田川とまた, 瀬尾まいこ
本屋大賞を受賞したベストセラー小説のコミカライズ版。
「優子ちゃんは、あたしがお母さんでよかった?」
高校3年生の優子は、幼い頃に母親を亡くしてから様々な親の間を「バトン」のように渡り歩き、今は血の繋がらない父親・森宮さんと2人暮らしをしている。
離れ離れになった実の父親、突然音信不通になった継母の梨花さん、そして常にきれいな距離感を保った森宮さんーー。
家族の形を丁寧に描いた感動作。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする