紙きれの中の幸せ

紙きれの中の幸せ
木村イマ
『結婚をして子どもを産む。それが幸せ』私はそれを信じて疑わなかった―――。妊娠をきっかけに、結婚して家庭に入った梨果。旦那のため、お腹の子どものためと家事を頑張り、家庭を守っていた。しかし、ツワリもあって小さいことで旦那の京汰に当たってしまう。うまく噛み合わないふたり。嫌気がさした京汰は…。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする