あんずのど飴

あんずのど飴
冬川智子
高校卒業から10年が経ち、同窓会に向かう為に故郷へ戻った水沢 要(みずさわ かなめ)は、 仲の良かった同級生はるかの事を想うのだった…。 「あの子は来るのだろうか」 誰でも経験するような、痛々しく懐かしい青春がここにある。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする