古物屋ミケ

古物屋ミケ
冬青佳子
生活が困窮し、どうしようもなくなった一輝は、大切にしていた祖母の形見を古物屋に持ち込むが――
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする