夜の名前を呼んで

夜の名前を呼んで
三星たま(著者)
夜を呼ぶ病を持つ少女と、心優しき医者が織りなすヒーリング・ストーリー。

不安が募ると夜を呼んでしまう少女とその担当医・レイ。魔法と幸せがいっぱい詰まったふたり暮らし。

「あなたが夜を呼ぶのは“光”を思い出すため」。
不安が募ると辺りを暗闇に染めてしまう病気を持つ少女・ミラ。その病を治すため、心優しき医者・レイとともに森の奥で暮らしている。

空から降ってくる星をジャムにしたり、自信をつけるために早起きを頑張ったり、小さな日常をひとつずつ大切にすることで、ミラはかつての自分を徐々に取り戻していく。

しかしある日、夜の病気に興味を持ったレイの友人がふたりの元に現れ、ミラを不安にさせる……!

すぐには治らない病、その壁に立ち向かっていく患者と医者のヒーリング・ストーリー。

心の温度が直に伝わってくる人物の表情や、呼吸をしているかのように瑞々しく描かれた植物たち。
確かな表現力を持つ三星たまの、初の単行本。

読切&ショート・ショート8本を収録した、『星の子どもたち 三星たま短編集』も同時発売!

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする