付喪神さまといただきます

付喪神さまといただきます
糸由はんみ
夏休みに田舎の祖母の家に預けられることになった小学五年生の遥斗。
しかし滞在初日から謎の美青年が部屋にいたり、歩く湯飲みを目撃したり、妙なものがひしめく蔵の夢を見るなど、この家は何かがヘン。
すると翌朝、遥斗の目の前に今度は歩く茶碗が現れる。
茶碗は自らを「付喪神」と名乗り、遥斗に使ってほしいと懇願してきて―!?
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする