伊藤誠
一週間前、突然行方不明になった両親をもつ主人公の「桧山夏美」は現役の女子高校生。何とか元気を取り戻し、通学し始めた夏美の前に現れたのは、行方不明になった両親からボーディガードをするように命じられた『鴉(カラス)』と名乗る黒ずくめの男だった。そして、彼は『サイバノイド』であることも夏美に告げる。どうやら「鴉」はプロトタイプで、その他4体のサイバノイドが「夏美」の持っているMOデータを狙っているとのこと。果たして、夏美はサイバノイドから逃れて、行方不明になってしまった両親を救えるのか?『兎-野性の闘牌-』で絶大な人気を誇った伊藤誠が圧倒的な筆力で描くアクション短編が電子で登場!
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする