君ノ声

君ノ声
森永ミク(著者)
心の声が聞こえる男が結婚したのは、口のきけない少女だった――。

時は大正。人の心の声が聞こえる京極一成は、その力を活かして商社を経営する敏腕社長だ。
事業は順調だがその力のせいで人を信じることができず、彼はかなりひねくれた性格をしていた。
一成は資産と人脈を目当てに名家である諏訪部家の令嬢に縁談を申し込むが、縁談相手の諏訪部ななからは心の声が聞こえないうえ、彼女は声を出して話すことができなかった。
戸惑う一成だが、勢いで二人は夫婦になってしまい…?

『生まれ変わってもまた、私と結婚してくれますか』森永ミク最新作!

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする