魔法使いマナと叡痴の扉

魔法使いマナと叡痴の扉
hoihoi(著者)
たどり着いたダンジョンの最下層。
仲間と掴み取った最後の「宝」は――

《あぶない水着》だった。

街に戻って解散するパーティメンバーたち。着替えをする魔法使い・マナの手には《あぶない水着》。

「これを着たら、いったいどうなるのだろうか……」

それは甘美なる世界へとつながる禁忌の扉――あなたなら、開けますか? 開けませんか?

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする