もうこれ以上愛さない

もうこれ以上愛さない
SUSU, Cassiopeia
使用人の娘として生まれたネバエは家族の愛を知らずに生きてきた。 彼女は生まれる前から決められていた婚約者であるバレルと10年間を共にしてきた。彼を愛していたが、バレルは彼女を愛することはなく、結局ふたりは婚約破棄をしてしまう。 破談後、彼女はティエリーに国同士の結婚を申し込みに来たヴィンフリートの皇帝であるアーレントに「愛さない」という条件で結婚を申し出る。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする