ある日、少女は神となる

ある日、少女は神となる
ありまけいこ
母の勧めで田舎の女学園に通い始めた乃良(のら)。しかしその学園では、全員が「天華 (てんげ)」という神様を盲信していた。
ある日、偶然「天華」の住まいを知った乃良は、正体を見るため館に忍び込むが――
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする