フィメールの逸話

フィメールの逸話
鈴木雅子
これ以上、美しい恋愛マンガはありますか? 事故で死んでしまった少年・慧(けい)は、 自殺で亡くなった少女・和音(かずね)の身体を借りて生き返った。 そして同級生の少年・将(たもつ)に告白する… 「これでやっと君を好きだって言えるね…」 1983年発行の作品ながら同性愛をテーマに、 思春期の心を繊細に美しく描いた鈴木雅子の時代を超える傑作。 巻末に読切作品「ペーパーナイフ・ゾーン」収録。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする