風音先生は飛騨くんがわからない

風音先生は飛騨くんがわからない
朝日 夜
女子高生マンガ家の中津川風音は
学校で自分のことを助けてくれた
同級生の飛騨樹希のことが気になっている。
学業と仕事の両立、そして諦めていた青春。
なぜか「マンガ家」という仕事に理解のある同級生。
そのピースがひとつずつはまったとき
風音の高校生活は、かけがえのないものになっていく──。
岐阜のとある高校を舞台にした
女子高生マンガ家の奮闘と、初恋の物語。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする