ぼくのお父さん

ぼくのお父さん
矢部太郎
『大家さんと僕』で第 22 回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した、矢部太郎による最新作『ぼくのお父さん』。40年前の東京・東村山を舞台に、「ぼく」と「お父さん」がつくし採取に出かけ、屋根から花火を眺めるなど、どこか懐かしく心温まるストーリーが展開します。子どもを見守りつつも、同じ目線で一緒に遊ぶ「お父さん」の姿は、子育て世代の人だけでなく、かつて「ぼく」だったすべての人に届けたい物語です。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする