孤狼の血

孤狼の血
小林こー(著者), 柚月裕子(原作)
昭和63年、広島。呉原東署の捜査二課に配属された日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上とコンビを組むことになり!? 柚月裕子の警察小説、ついにコミカライズ!!
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする