21gのあかり

21gのあかり
澄川小歌
かつて、医師のダンカン・マクドゥーガルは一つの説を唱えた。「魂の重さは21g」だと。長年根拠のない空論とされてきたその説は、数十年の時を経て大きく飛躍した。死後、人体から未知の気体が放出されることが、科学技術の発展により発見されたのだ。少量ながら安定したエネルギーを有するそれは、発電に利用できることが判明し、人類の生活に革命をもたらすことになったのだが…。関西在住気鋭作家による、SFジュブナイル開演!!
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする