異邦人、ダンジョンに潜る。

異邦人、ダンジョンに潜る。
麻美ヒナギ
1946年7月。異世界の存在が確認される。そこは、人類の新天地になるはずだった。しかし、莫大なコスト面と、先遣隊の全滅、世論の反対により不可侵条約が結ばれる。人類の目は宇宙に向けられた。それから半世紀。異世界のダンジョンに潜る為、ある企業が部隊を編成する。五人のプロフェッショナルと三機の人工知能。それに予備の人員一名。現代火器と技術により、冒険は簡単に行く予定だった。だが異世界にたどり着けたのは、ポンコツの人工知能とノンプロフェッショナルな一名。試行錯誤を繰り返して、彼らは生きる、食べる、戦う。そして、ダンジョンに潜る。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする