怪鼠一見帳・花札

怪鼠一見帳・花札
作者:1号
一寸見葉一は書き留める。人の怖さ、儚さ、美しさを──。闇で綴るストレンジ和風ホラー!

1938年東京、まだ「怪異」が日常に蔓延っていた時代。
一寸見葉一(ちとみよういち)は飴村家に居候する文筆家。
その知見を頼ってか、あるいは怪しさに惹かれてか、今日も葉一のもとに奇怪な相談が舞い込む──。

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする