うたかたに結ぶ

うたかたに結ぶ
長乃あきら(著者)
生贄に捧げられた少女と美しい人魚の物語の結末はあまりにも残酷で、また美しい。心の結びつきと種族のどうしようもない壁が生んだ運命とは――。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする