野犬夜曲 ろくでもない犬の唄

野犬夜曲 ろくでもない犬の唄
瀬川環(著者)
ある晩、男と女が出会うーー。男は父のしでかしたことで心に傷を負い、ろくでもない人生を送っていた。女と再会を願いつつも、またろくでもない4年間が過ぎ、あるとき自分の人生が小説としてベストセラーになっていることを知る……。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする