実は彼らは彼女だけを覚えていました

実は彼らは彼女だけを覚えていました
Shin yiho, RYU HEON
「戦争の勝者は幸せになっちゃいけない。」 戦争に勝利した後、約束された名誉と幸せを断わり、すべてを置いて突如首都を去ることになった 平民出身の騎士「クラレンス·ホールトン」。 そして、彼女を忘れられず、各自のやり方で探し始める4人の男。 果たして彼らはクラレンスを見つけ出すことができるだろうか? そして彼女に幸せを運んでくれる人物は…?
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする