暗天街綺想夜曲

暗天街綺想夜曲
暗天街――人間と妖が共存する閉ざされた島。孤島であり、ひとつの町。
外界との交信も途絶え妖の巣窟と成り果てた街は法も秩序も整っていない貧困な地域も珍しくない。
その地域には〝身売り〟と呼ばれる子供たちが存在していた。
身寄りも行き場もなく、運に見放された少年少女たちには、命が尽きる寸前に頭に赤い光の輪が現れるという。
それは、深淵を灯す希望の光なのか――!?
「暗天街幻想奇録」の衝撃から二年半、生命の終焉、復活、輪廻を描いたシリーズ第2作。
それは、優しくも悲しいセレナーデ。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする