OPI 女の子の胸にまつわる、ちゃんとしたラブストーリー

OPI 女の子の胸にまつわる、ちゃんとしたラブストーリー
だりこ
「ボイン」という言葉が生まれてから、世界は変わった。あの、何とも言い難い端的に表現しにくいフォルムと男の思いを表してしまったからである。以来、大きいおっぱい>ふつうのおっぱい>小さいおっぱいの序列が出来上がってしまった。時は経ち、大きい方がより良いとされる“ボイン至上主義の時代”は過ぎ、大手下着メーカーからは【胸を小さく見せるブラ】が発売され、大ヒット。小さな胸の人を【ちっぱい】と表現し、その価値観も見いだされている。現役女子大生が立ち上げた“ちっぱい”専門ブランドのブラは即完売する人気を誇っている。おっぱいに対して、男がとやかく言う時代でもないのである。ただし! ヤヤコシイことに、この世にはやっぱり男がいる。男がいる限り【女性とおっぱいの関係に悩みは尽きない】。つまり、悩みが尽きないということは、おっぱいにはドラマがあるのだ。おっぱいには山あり谷ありの“女性たちの人生の機微”が集約されている。プライド・願望・恥ずかしさ・後ろめたさ・愛と恋・不安・若さと老い…女性たちの人生を描き出すのに、おっぱいは最良のファクターである。おっぱいを通して、女性は【共感〈あるある〉と発見】をし、男性は【女性たちの世界を垣間見る】ことができる、そんな≪女性のキモチ≫≪おっぱいあるある≫を揉みこんだ女性が胸弾む史上初?世界初?おっぱいをテーマにした、ちゃんとしたラブストーリー、スタートです。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする