青春の底

青春の底
玉置勉強
中学で身の置き場がない坂部は、毎日息を殺して学校に通う。そんなある日、同級生の山中が自殺した。山中はひどい虐めにあっていた。虐めの存在を知りつつも見て見ぬ振りをしてきた坂部だが、同じクラスの女子・宮本から「坂部を殺したのは君だ」と告げられ、衝撃と底知れぬ恐怖を感じるのだが…。逃れられない「底」の中で、無力と絶望と性を傍らに、子ども等が見出す「普通」とは?
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする