三千世界を弔って

三千世界を弔って
作者:二ツ森曜子
神様のヨミとメイドロボのミコ。
二人が弔い渡る“いくつもの”終末世界はどこかへんてこ。
それでも人々の営みの痕は、神とロボの前には等しく愛しいものなのです。

終われぬ終わりへ、ほのぼのセンチな終末葬送紀行の幕開けです!

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする