踏んだり、蹴ったり、愛したり

踏んだり、蹴ったり、愛したり
壱屋すみ
毎日激務の仕事に追われ、心身共に疲労する日々を送るOL・佳帆には、唯一の楽しみがあった。
それは、お気に入りのバーで知り合ったイケメン・泰(あきら)と気兼ねなく楽しく飲むこと。
酒、煙草、喧嘩、女遊びetc…付き合ったらアウトな条件満載の泰だが、
お互いに恋愛感情もなく、良き友人として関係を築けていると思っていた。
あの夜までは──。
甘いマスクの三十路クズ男×バリバリ働くアラサーOLの、
大人のバグった距離感ラブ(?)コメディ!
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする