赤錆森

赤錆森
温井雄鶏
煩悩管理の効率化のため、自らの肉体を機械化した僧侶たち。寺社勢力の争いが終わり、身が錆び始めた頃、暴力の火種がまた、燻り始めるのだが…!?
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする