仙武帝戦記

仙武帝戦記
Xiaoming Taiji, ERCIYUANDONGMAN
舞台は古代中国。正陽宗という霊山で、幼い頃から厳しい修行を重ねながら、温かい師匠や仲間に囲まれて育った叶辰(キョウシン)だったが、ある事件をきっかけに破門されてしまう。 帰る場所も仲間も失い、孤独となった叶辰が行く当てもなく放浪していたある夜、千年に一度の稀覯と言われる天より降る星を目にし、そこで炎の霊力を手に入れる。その後、運命に導かれるように正陽宗と対立する恒岳宗に辿り着き、次々と襲いかかる禍を乗り越え、さらに強い体と霊力、そして仲間を手に入れてゆく。 その後、叶辰を塵のように追い出した正陽宗との対峙も待ち受けているのだった…! 運命は彼をどこへ導くのか、そしてその運命に耐えられるのか…!
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする