千一日の夜想曲

千一日の夜想曲
leeeul, V0RA / Waterlily
とある国の偉大な皇帝は、毎日酒に溺れ民は飢饉で苦しんでいた。
国庫は底をつき、正論を述べる家臣はその場で首をはねられ、
皇帝の髪は赤く染まったという恐ろしい噂は絶えず、人々は怯え続けているという…。
これは残虐かつ可憐な皇帝の物語。
今宵も皇室で皇妃選びが始まる―
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする