ヒゲ猫のお宿

ヒゲ猫のお宿
杉作
【親父が遺してくれたのは……鄙びた温泉宿と、猫。】親父が死に、つぶれかけの温泉宿を継ぐことになった若旦那。そこには親父が大切にしていた一匹のヒゲ猫・チェルシーがいた…。「猫なんてよんでもこない。」杉作が描く、ほっこり泣けるハートフルコメディ開幕!!
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする