大蛇に嫁いだ娘

大蛇に嫁いだ娘
フシアシクモ
「傷モノの娘だ。ちょうどうよい、お似合いだ」
そう言われ山の主である大蛇のもとへ供物として嫁ぐことになったミヨ。
恐ろしい大蛇を前に怯えるミヨだったが、生活をともにしていくうちに気持ちに変化が。
不器用で繊細な異類婚姻譚。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする