そんな家族なら捨てちゃえば?

そんな家族なら捨てちゃえば?
村山渉
家族とは、一番身近な他人である。
篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。家族の再生を目指す彼の運命は――。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする