ネトラセ契約

ネトラセ契約
後藤晶
「カラダだけの恋人として契約してほしいの」 そう口にしたのは、初恋相手のかつての同級生だった…。突然の再会への淡い期待は儚く散り、恥じらう彼女を抱いた先に何が待つのか。あのときの俺は、何も知らなかったんだ――。【桃色エンジェル】
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする