うちのちいさな女中さん

うちのちいさな女中さん
長田佳奈
『女中』。かつては日本女性の一大職業であり、日常の中にその姿はありました。これは、そんな女中さん達が活躍した昭和初期を舞台に14歳の女の子・野中ハナが、翻訳家の蓮見令子の女中として働く日々を描いた物語。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする