ぼくとわたしとママの夏

ぼくとわたしとママの夏
艶々
「ぼく」と、その彼女の「わたし」と、彼女の「ママ」。
夏の昼下がり、アンニュイな一日に、汗に濡れた乳房の「匂い」を嗅いでしまうことから、「ぼく」と「ママ」の関係が始まる。
官能漫画家・艶々が描く、ふれれば何かがあふれ出す、母子交歓三角関係欲情エロス!!
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする