高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで

高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで
もつお
神様の言うことを聞いていれば、すべてうまくいくはずだった。

強迫性障害、摂食障害、強制入院、退院後の揺り戻し…高校生のわたしを苦しめたのは、自分のなかの「神様」でした。
物を触らずにはいられない、自信の体型が気になって食事ができない、同級生の視線が気になって学校へ行けない、家族や医師にさえ「神様」の秘密を打ち明けられない……ある平凡なひとりの女子高生が経験した、凄絶な日々。
精神科病院に入院し、一時は「もう無理、死んでしまいたい」とさえ思いながらも、自分を見つめて認めること、本当のやりたいことを見つけることで回復に至るまでの道のりを描く、絶望と希望のコミックエッセイ。

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする