不遇職とバカにされましたが、実際はそれほど悪くありません?

不遇職とバカにされましたが、実際はそれほど悪くありません?
南条アキマサ/漫画 カタナヅキ/原作


突如、謎のヒビ割れに吸いこまれ次元の狭間へと転落してしまった白崎零斗(しろさきれいと)は、 0歳の赤ちゃんの状態で異世界転生することに。王家の跡取りとして生まれたはずだったが、 「なんなんだ、このクズはっ!」と実の父親から罵声を浴びせられ、家から放逐させられる 始末。その原因は生まれ持った「支援魔術師」と「錬金術師」の異世界最弱の不遇職にあったのだ。 不遇職のおかげで、逆境からはじまった異世界生活。だが、その職業には 大きな力が秘められていてーーー!? 不遇職を育成して最強職へ! 異世界逆転ファンタジー、待望のコミカライズ!!

この漫画をアルファポリスで読む

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする