青年少女よ、春を貪れ。

青年少女よ、春を貪れ。
山田シロ彦
“この頃のおれは まだ特別の意味を知らんかったーー。“ 恋を知らない中学生・勝之と、東京から引っ越してきた学校のマドンナ・ハル。 ひょんなことから距離が近づいて…。 美しくて、儚くて、せつなくて、痛い。初恋の呪縛が紡ぐ、青春群像ミステリー。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする