鸚鵡殺手

鸚鵡殺手
ソンジン
主人公の素河は、表では長江の漕ぎ手をしているが、実は刺客だ。オウムが持ってくる依頼書をもとに人を殺すのだ。黒梅団の黄使杏は秘書「仙筋経」を求めて、張百主のもとを訪れるがすでに娘の美麗が持ち去った後だった。黄使杏は南京中の刺客に、美麗の殺害依頼を出す。長江を渡って逃げようとする美麗と素河が出合い、素河は美麗を守ることに決めたのだが…。
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする